海鮮ちらし寿司の具 子どもにおすすめランキングTOP5

グルメ
スポンサーリンク

海鮮ちらし寿司は子どもから大人まで楽しむことができる料理ですよね。

お祝い事やひな祭りに食卓を豪華にしてくれる料理です。

ここでは、子どもがいる家庭で作る際におすすめの海鮮ちらし寿司の具を紹介していきます。

スポンサーリンク

◆おすすめランキングTOP5

お祝い事やひな祭りの日に海鮮ちらし寿司が食卓に並ぶと子ども達も大喜びです。海鮮ちらし寿司は少し豪華な印象がありますよね。

生物が苦手な子どもにもおすすめの海鮮ちらし寿司の具なども紹介していきます。

定番のものから私が実際に家庭で入れている具なども紹介していきます。今回は魚介類だけでのランキングになっています。

8位 ホタテ

8位は貝の中でも子どもから大人まで人気の高いホタテです。貝類のなかでは刺身で手に入れやすいのがホタテです。

ほろっとした食感で味わい深く海鮮ちらし寿司との相性もバツグンです。

市販の海鮮ちらし寿司としてはあまり見かけない具ですが家庭で作る際には豪華にもなるのでおすすめです。

7位 カニ 

7位は海鮮ちらし寿司の具としてはとてもインパクトのあるカニです。味も間違いなしで、海鮮ちらし寿司を豪華にしてくれます。

子ども達からも人気が高い具となっています。ですが高級食材のため日常の中で使うのは難しいですよね。そのやめ低めのランクとさせていただきました。

お祝い事や年に1度のひな祭りをより豪華にしたい方にはおすすめの具となっています。

6位 イカ

6位は歯ごたえがたまらないイカです。海鮮ちらし寿司の具として定番かもしれませんね。ですが子どもは嚙み切ることが大変で苦手な子もいるかもしれません。

私はイカが好きなので海鮮ちらし寿司に入っていると嬉しくなります。大人の方には人気が高い具ですね。

子どもがいる家庭ならばあまり大きなイカではなく細くカットされているイカを使うのがおすすめです。子どもでも食べやすくなります。

5位 釜揚げしらす

5位は生ものが苦手な子どもやまだ小さい子どもがいる家庭におすすめなのが、釜揚げしらすです。釜揚げしらすならば生ものが苦手な子どもでも食べやすいです。

大きさも小さいので釜揚げしらすなら小さい子どもでも食べることができますね。

海鮮ちらし寿司に釜揚げしらすは少し珍しいかもしれません。ですが、釜揚げしらすはあまり高価な物でもないのでお祝い事ではない日常で作るのにも向いています。

生ものを使わずに海鮮ちらし寿司を作るのならばおすすめの具ですよ。味も他の野菜などの具とよく合うのでおすすめです。

4位 まぐろ

4位は子どもにも人気で海鮮ちらし寿司の具としては定番のまぐろです。定番なだけあって子ども達からの人気も高い具材ですよね。

苦手な子も少ないはずです。ごはんとの相性も良く海鮮ちらし寿司になくてはならない存在ですよね。

3位 えび

3位はえびです。こちらも海鮮ちらし寿司の具としては定番の具材ですよね。初めて食べる子どもはアレルギーなどを起こす場合もあるので少し注意が必要です。

ですがえびも子どもからの人気が高い具です。海鮮ちらし寿司の他の具達とも相性がいいですよね。

私は特にとびっこと一緒に食べるのが好きです。あのプチプチ感とえびの食感がよく合います。

2位 サーモン

続いての2位の具はサーモンです。海鮮ちらし寿司には必ずと言っていいほどに入っている具ですよね。他の生ものが苦手な子どもでも比較的食べやすいのがサーモンです。

生ものに初挑戦する子どもにもおすすめの具となっています。

お寿司としても人気が高いサーモンです。そのため鮮ちらし寿司の具にしても相性が良く美味しいに決まっていますよね。

1位 いくら

そして1位はいくらです。子ども達からの人気がとても高い具材です。海鮮ちらし寿司に入っているととても豪華になりますよね。

いくらが入っている海鮮ちらし寿司が、祝い事やひな祭りの時に食卓に並ぶと一気に豪華になります。

少し高価な食材になってしまうので日常的には使うことができなくとも1年に1回のひな祭りなどで使うのにおすすめの具です。

子ども達も海鮮ちらし寿司のいくらが入っていると盛り上がること間違いなしです。他の魚介類たちとも相性がいいですよ。

もし祝い事ではなく日常で海鮮ちらし寿司を作るのであればいくらは少し高価になってしまいます。そんな時に私の家庭でよく入れている具がとびっこです。

いくらによく似ていてとても小さく、プチプチとした食感のとびっこです。食感を楽しむこともでき、子どもからの人気もあるためこちらもおすすめです。

まとめ

子どもを中心に人気のある海鮮ちらし寿司の具をランキングで紹介してきました。魚介類だけでなく野菜類や錦糸卵などと合わせて使うことで色も鮮やかになります。

1つの具だけでなくせっかくの海鮮ちらし寿司なので好きな具を使って作るのも楽しいですよね。家族の好みに合ったオリジナルの海鮮ちらし寿司を作っていきましょう。