初めて外壁塗装を依頼する人へ

生活

新築で購入した家でも、外壁は紫外線や風雨にさらされているので、時間と共に劣化が進んでしまいます。
家の美観を保ち、寿命を長くのばすためには、外壁塗装を行うことで新築のような美しさを取り戻すことができます。
また外壁塗装をする時、今までの外壁の色とは異なる色の塗料を選ぶことで、全く違った雰囲気の家にすることも可能です。

工事業者の選び方

初めて外壁塗装を依頼する場合に大事なことは、信頼できる工事業者を選ぶことです。
外壁は家の顔ともいうべき部分で、外壁の状態によって家の雰囲気が決まる大事なところです。
その工事を任せる業者ですから、スキルが高く、要望をしっかり聞いてくれる業者選びが大事になります。
信頼できる業者選びの方法として、見積もりを請求するという手段があります。
外壁塗装を行っている業者は、住宅を建設した会社や地元の工務店、ホームセンターなどでも行っています。
注意をしておきたいのは、外壁塗装をしませんかと訪問してくる業者です。
実店舗を構えている業者であれば、工事が終わった後に不備が見つかった場合でもアフターケアをしてもらうことができます。
しかし訪問業者の多くは実店舗がなかったり、不安を煽るように早めに外壁塗装をしたほうがいいと進めてきます。
不安で判断ができない状態で契約を迫られることもあるので、勧誘をされてもすぐに判断せずに、複数の業者から見積もりを請求して比較検討することが大事です。

外壁塗装を行う周期

外壁塗装を行うのは、新築の場合は10年に一度が目安になっています。
もちろん外壁の素材や家の建っている地域、日当たりによっても左右されますから、自分の目で外壁の状態を確認することが大事です。
ひび割れが見つかったら早めに補修が必要であり、触って白い粉が付着すれば外壁塗装を考える時期にきています。
かなり劣化が進んでから補修をするよりも、こまめに補修をするほうが費用も安くなり、常に美観を保つことができます。
これから塗装を考えている人は信頼できる業者を探して、外壁の状態を点検してもらうところから始めましょう。

コメント