初めての賃貸一人暮らし

生活

はじめての一人暮らしは誰でも緊張します。
住んでみてこんなはずではなかったと後悔をしないために物件探しはなるべく早めにスタートすることが大切です。
理想の賃貸物件を見つけるためには、仲介会社に行く前に自分で下調べをしっかりとしていることがポイントになります。

まず始めに行うこととは?

まず入居時期や住むエリアを決めないといけません。
入居時期は情報収集とか物件見学に費やす時間を逆算して決めることが必要です。
そして入居時期が決まったら通学とか通勤経路を視野にいれて住む街を決めます。
調べてみることで、今まで知らなかった場所でも意外と住みやすそうということがわかったりして新しい発見が多くできます。

物件探しはインターネットからでもできますし街などにおいてある住宅情報誌から見つけることも可能です。
さまざまな媒体を活用することで幅広く情報収集できるので参考にできるものは積極的に見ておくことが大事です。
引越しにはいろいろと諸費用もかかってくるのでそのような費用も頭に入れながら支払っていける物件を厳選します。
いいなと思う賃貸物件が見つかったら仲介会社に直接いってみます。
住むエリアとか家賃や設備、間取りなど希望している条件がある程度まとまってから行くとスムーズです。

ネットで物件を決める際の注意点

ネットとか広告を見てわかりづらいと感じた専門用語などは直接聞くことができますし、希望エリアの環境とか住み心地なども教えてくれることもあります。
そして最終的に賃貸物件を絞ることができたら直千知物件の見学をさせてもらいます。
写真を見ていいなと思っていても、行ってみると意外と狭かったり日当たりが悪かったりする場合があるので直接自分の目で確認をすることはすごく重要です。
どうしても気になる場合は時間帯を変えて見学をすれば騒音のことや周辺の状況のことがよくわかるのでおすすめです。

物件によっては石油ストーブ禁止とかピアノの持ち込み禁止といったところもあるので事前に確認をしておかないと近隣トラブルの元になることもあるので注意が必要です。

コメント