初めて購入するなら中古車がオススメの理由とは?

初めて車を購入する場合は新車よりも断然中古車がおすすめです。

その理由はやはり最初は車をぶつける可能性が高いですし自動車保険料も高いです。

さらに車が自分に合っているかわからないという理由もあります。

まず初めて車を購入する人は高校や大学を卒業したての人が多く車の運転に慣れていない人がほとんどです。

今まで車を運転していなかったという人が多いので、運転はできたとしても技術はまだまだです。

そのため車をこすったりぶつけたりする可能性が高く、せっかく新車を購入したのに購入して一か月も経たないうちにぶつけてがっくりという人も珍しくありません。

1年ほど車に乗れば車の運転にも自然と慣れてきますが、その最初の1年は気を付けないといけないので、万が一のことを考えると中古車の方が新車よりもぶつけてしまった時のダメージは小さくなります。

若いうちは自動車保険料が高い!

初めて車に乗るという人は自動車保険が異様に高いことを覚えておかないといけません。

今まで乗っていた人に比べると割り増しで保険に入ることになります。

自動車保険の賠償保険部分は新車でも中古車でも同じですが、車両保険は中古車の方が安いです。

少しでも自動車保険を抑えたいという気持ちがあるなら中古車がおすすめです。

もしも車をぶつけてしまってその傷を自分の自動車保険で直すとなると翌年の保険料はさらに上がってしまいます。

そして車を購入するとなるとスタイルとか人気度などから車を選ぶ人が多いです。

車の選び方としては間違ってはいませんが実際にその車に乗り出すと乗り心地がいまいちだったということもよくあります。

乗り心地がいまいちだなと感じた時に車を変えようとなると新車だったら買い取り額がかなり低くなっていてショックを受けることも多いです。

でも中古車であればもともと新車よりも安いので新車ほど損をすることもありません。

こういった理由から、初めて車に乗る人は新車よりも中古車がいいと言われています。

スポンサーリンク
記事内広告
記事内広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
記事内広告