【2019 Newモデル】Fire HD 10 タブレットにGooglePlayを入れてみた

タブレット

新Fire HD10(第9世代)が2019年10月30日に発売になりました。

Fire HD 8(第8世代 2018)にGoogle playを入れて使っていましたが、動作がもっさりするので若干不満がありました。

新Fire HD10(第9世代)はスペックが30%アップするということで購入を決めました。

Google playが入るか心配でしたが、問題なくインストールできました。

GooglePlayのインストールは下記の方法で行いました。

GooglePlayのインストール 方法

まずマイクロSDカードは抜いた状態にしておきます。

マイクロSDカードが刺さっている状態で行うと失敗する場合があるそうなのでちゃんと抜いておきましょう。

Googleプレイをインストールした後はマイクロSDカードを挿しても問題ないようです。

APKをダウンロードしインストールする。

  1. Google Account Manager 7.1.2
  2. Google Services Framework 7.1.2
  3. Google Play services 14.3.66 (040300-213742215)
  4. Google Play Store 12.0.19-all [0] [PR] 215617186

インストールする順番はこの順番通りにしないと失敗する場合があるそうなので気をつけましょう。

全部インストールした後は電源ボタンを長押しして再起動するだけです。

Fire HD10(第9世代)とFire HD 8(第8世代 2018)のベンチマーク

Antutuベンチマークをしてみたのですが、途中でアプリが落ちてしまうので、HTML5テストをしてみました。
結果は
Fire HD10(第9世代):23,954
Fire HD 8(第8世代 2018):17,472
結構違いますね。

まだこの他にも比較テストを行っていこうと思います。
購入の参考になれば幸いです。

コメント